ベトナムの電波法と

ICT無線認証の取得

​ベトナムで無線通信装置を販売・利用するために必要な手続きについて

はじめに

ベトナムで通信装置を販売・利用するためには、電波法が定めた適合基準をクリアしたうえで、装置のICT認証を取得する必要があります。

認証の種別

通信装置の種類によって、"型式認証 + 適合宣言" と "適合宣言のみ" の2種類に分けらます。以下にそれぞれの代表的な装置例(または通信規格)を記載します。

型式認証 + 適合宣言

  • 携帯通信端末

  • 携帯通信基地局

  • WiFi

  • Bluetooth

  • LoRa

  • RFID

適合宣言のみ

  • デスクトップ・ラップトップコンピュータ
  • タブレット
  • ルーター
  • 衛星放送用セットトップボックス
  • リチウムイオン電池(ラップトップ・タブレット・スマートフォン用)

認証の対象外となる条件

以下の条件に合う場合は、認証を取得する必要はありません。

  • 展示目的の場合

  • 商用目的ではなく個人として持ち込んだ場合

  • 研究開発用のサンプルの場合

  • 認証取得用のサンプルの場合

  • 製造者または輸入者自身が利用し、販売しない場合(*適合宣言のみの装置)

申請に必要な資料

型式認証

  • 型式認証の申請書

  • 申請者の会社登記謄本

  • 指定試験所の試験データ

  • 製品仕様書

  • 製品写真

  • 製造者情報

適合宣言

  • 適合宣言書

  • 申請者の会社登記謄本

  • 指定試験所の試験データ

  • 製品仕様書

  • 製品写真

  • 製造者情報

  • 型式認証書(*型式認証 + 適合宣言 の装置の場合)

適合の表記義務

対象装置は、ICT適合マークを表記する必要があります。

適合マークの規定

マークは以下のように規定されています。

  • マークのデザイン比率がサンプルと同じであれば、拡大も縮小も可能Class A

  • 裸眼で視認できる事

  • マークの色は変更可能

  • マークは単色で鮮明、かつ耐久性を有さなければならない

  • その他のいかなる文字・画像・模様を印刷してはいけない

  • マークを貼り付ける場合は、再使用不可能な材料にする事

型式認証 + 適合宣言のマークデザイン​​

適合宣言のみのマークデザイン

また、装置が非常に小さくラベルを張り付けるのが困難な場合は、マニュアルやパッケージな

ど、装置の付属物にマークを表記します。

認証の有効期間

ベトナムICT認証の有効期間は2年間です。

引き続き輸入・販売するためには、期限が切れる前に更新の手続きが必要となります。

更新の際、製品に変更がなく、かつ法規にも変更がなければ、現地での無線試験レポートは引き続き有効です。

再認証が必要となるケース

以下のケースが発生した場合、再度型式認証が必要となります。

  • 製品の名称・型番に変更があった場合

  • 製品の技術仕様に変更があった場合

  • 技術規制に変更があった場合

  • 認証期限を過ぎた場合

申請費用と期間

ACTIVIOでは、ベトナムICT認証の取得業務を行っています。

代表的な無線装置の認証取得費用(現地試験込み)と、認証取得に必要な期間(試験用サンプルの受領後)を以下に記載します。

  • WiFi(2.4G / 5G)

    • ​350,000円

    • 約6週間

  • 3G / LTE

    • 550,000円

    • 約6週間​

  • 920MHz帯通信(918 - 923MHz)

    • ​330,000円

    • 約6週間

  • NFC / RFID

    • 330,000円

    • 約6週間​

* 複数の無線規格に対応する装置の認証費用は、別途お問い合わせ下さい。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

お問い合わせ

​ACTIVIO Inc.