top of page

電気通信事業ライセンスについて - タイ-

 タイで通信サービスを提供する場合、そのサービス内容に応じた適切な電気通信事業者ライセンスが必要です。無線通信装置の販売だけであれば、電気通信事業者ライセンスは必要ありませんが、例えば契約済みのSIMカード挿入した状態で無線通信装置を販売してサービス料金を徴収するといった、IoTサービスでよくみうけられるケースではライセンスが必要となるので注意が必要です。

 ここでは、電気通信事業者ライセンスの概要を説明します。


電気通信事業者ライセンスの種類

 タイの電気通信事業者ライセンスには3つのタイプがあります。タイプ1は既存の公共通信網を利用した通信サービスの提供、タイプ2はプライベート通信サービスの提供、そしてタイプ3は公共通信サービスの提供です。それぞれのサービス例は以下の通りです。


タイプ1

  • 国際電話カードの販売

  • 電気通信サービスの再販

  • GPSトラッキングサービス

  • 車両モニタリング(VMS)サービス

タイプ2

  • 専用回線サービス

  • 業務用無線サービス

タイプ3

  • 携帯電話サービス

  • 国際電話サービス

  • 衛星通信サービス

ライセンスの有効期間

 タイプ1とタイプ2には有効期限はありません。公共通信サービスを提供するタイプ3 は15~25年の有効期限となります。


申請者に必要な資格

 申請者はタイ法人である必要があります。またタイプ2とタイプ3においては、タイ法人であっても外国資本の会社は申請できません。


申請に必要な資料

 申請時には、以下の資料の提出が求められます。

  • 申請書

  • 申請法人の情報

  • サービスの内容

  • 技術的な情報

  • 事業計画、財務計画、投資計画

  • サービス品質に関する情報

報告・申請義務

 申請者はサービスの終了までの期間、以下の報告を求められます。

  • サービス開始前 : 定期報告

  • サービス開始時 : サービス開始報告

  • サービス提供中 : 年次レポート

  • サービス延長時 : 延長申請

ライセンス料金の支払い

 収益に応じたライセンス料金の支払い義務があります。ライセンス料率は以下の表の通りです。


収益額

ライセンス料率

~ 1億バーツ

0.125%

1億バーツ ~ 5億バーツ

0.25%

5億バーツ ~ 10億バーツ

0.5%

10億バーツ ~ 100億バーツ

0.75%

100億バーツ ~ 250億バーツ

1.0%

250億バーツ ~ 500億バーツ

1.25%

500億バーツ ~

1.5%


 ライセンス料は、決算後150日以内に支払う必要があり、以下の資料を合わせて提出します。

  • 年次財務諸表

  • 電気通信事業ライセンス料の支払い書

  • 電気通信事業における収益額

  • 過去1年間の経営状況の報告書

 支払いが期日を超過した場合は、毎月支払い総額の1.5%が支払額に追加されていきます。


閲覧数:59回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page