top of page

5GHz帯 LTE の無線認証 - タイ -

 タイにおいて 5GHz帯の LTE (Long Term Evolution) の規制は、"NTC TS 1035-2562"に規定されていて、 装置は Class A に分類されます。


"NTC TS 1035-2562"で規定されている 5GHz帯 LTE の適合要件を以下に説明します。


周波数範囲

  • 5.725 - 5.850 GHz

送信出力

  • e.i.r.p が 1W を超えない事

技術要件

プライベートLTEとして利用する場合

以下の技術要件のいずれかにしたがうこと

  • EN 302 502 (V2.1.1 以降のバージョン)

  • FCC Part 15.247 Subpart C

  • FCC Part 15.407 Subpart E


IMT規格に準拠して使用する場合

以下の技術要件のいずれかにしたがうこと

  • ETSI TS 136 104 (V.13.2.0 以降のバージョン) : Base Station

  • ETSI TS 136 101 (V.13.2.0 以降のバージョン) : User Equipment


安全に対する要件

以下のいずれかの技術要件に適合する事

  • IEC 60950-1 : Part1: General Requirements

  • IEC 62368-1 : Part1: Safety Requirements

  • TIS1561-2556 : Security Part1: General Requirements


人体への放射暴露に対する要件

無線通信機器の使用における人間の健康と安全に関する基準を定義した NTC TS 5001-2550 にしたがうこと


 なお、Class A に該当する装置を輸入販売する場合には、NBTC のサプライヤコードが

必要になる点と、NBTCラベルの手配が必要となる点に注意して下さい。


 認証に有効期限は無く、一度認証されれば法規の変更がない限り無期限で利用可能です。ただし、製品の型番を変更したり無線の特性に影響がある仕様変更があった場合は、再度申請が必要になります。


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page