無線通信機器の税関トラブル - タイ -

無線通信機器をタイに輸送する際、タイの税関にて止められて戻す事も出来ず、そのまま運送会社の倉庫に保管され続けるケースが多発しています。


税関にて止められる原因として、無線認証が取れていないケースが多いです。


機器を日本へ戻すためには、発送者のパスポートなどの書類提示が求められます。また最悪罰金の対象にもなります。


さらに、機器が半年以上止められたことにより、倉庫の保管料で数百万円の請求が発生したケースもあります。


このようなケースへの対応としては、

  1. NBTCの無線認証を取得する

  2. 一時的な輸入許可証をNBTCから取得する

といった方法があります。


弊社で対応した事例がありますので、お困りの際は お問い合わせ よりご連絡下さい。


#タイ #無線通信


29回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

​ACTIVIO Inc.