東南アジア諸国政府のIoT開発推進方法

ASEAN諸国も各国が積極的にIoTへの取り組みを進めています。3つの国の例を紹介します。

シンガポール

IoTを「スマートネーション」構想を実現する重要な要素と位置付け、以下の構想を進めています。

  1. 全国的なスマートグリッドプラットフォームの実現

  2. センサーからのデータを高速伝送するIoTインフラストラクチャーの設計

  3. センサーとIoTに焦点をあてた専門技術者の育成

マレーシア

策定した「IoTの戦略的ロードマップ」に従い、新たな経済成長元としてIoTの普及を進めています。

タイ

Thailand4.0という国家戦略の一環としてIoT化を進めています。

  1. プーケット、チェンマイ、バンコクをスマート都市にする計画を推進

  2. 電子商取引、e教育、e産業、電子政府に重点を置いたパイロットプロジェクト

タイのIoTに対する支出は、2020年に2014年の16倍に増加するという予想があります。

日本、インド、中国、韓国はIoTの大きなマーケットですが、伸び率に関しては、東南アジアが最も高い地域になると考えられています。

参考記事 http://fintechnews.sg/9677/iot/southeast-asian-governments-pushing-iot-development/

#アジア

0回の閲覧

​ACTIVIO Inc.