Blog

アジアのIoT情報などを掲載

免許不要で利用可能な無線機器の変更(タイ)

NBTCは無線通信機器の規制を緩和し、免許不要で利用できる機器を増やしました。 この新しい法規は、2018年2月9日から施行されています。 主な変更点は以下の通りです。 1) 下記の用途または特徴を持つ無線通信装置の利用にはライセンスが不要となりました 産業、科学、医療用の測定機器 周波数: 88-108MHz, e.i.r.p: 10mW以内のオーディオ送信機 周波数: 54-74MHz, e.i.r.p: 10mW以内の無線通信 密閉空間で使用されるレーダーレベル測定用の無線通信装置 周波数: 315kHz以内, e.i.r.p: 150mW以内の無線通信装置 周波数: 5.150-5.350GHz, e.i.r.p: 200mW以内の無線通信装置 周波数: 5.470-5.725GHz, e.i.r.p: 1W以内の無線通信装置 周波数: 5.725-5.850GHz, e.i.r.p: 1W以内の無線通信装置 周波数: 25-470MHz, e.i.r.p: 50mW以内のページャーシステム 周波数: 920-925MHzのRFIDパッシブ型タグ 2) 下記の用途または特徴を持つ無線通信装置の利用にライセンスは不要ですが、販売にはライセンスが必要です 周波数: 920-925MHz, e.i.r.p: 50mW以内のRFIDリーダーとアクティブ型タグ 周波数: 920-925MHz, e.i.r.p: 50mW以内のRFID以外の装置 3) 下記の用途または特徴を持つ無線通信装置の利用にライセンスは不要ですが、製造、輸入および販売にはライセンスが必要です 周波数: 920-925MHz, e.i.r.p: 500mW以内のRFIDリーダーとアクティブ型タグ 周波数: 920-925MHz, e.i.r.p: 500mW以内のRFID以外の装置 周波数: 57-66GHz, 送信出力500mW以内の無線局 この法改正のポイントは、920-925MHzの周波数帯をIoT向けとして加えたことです。 参照: http://www.ratchakitcha.soc.go.th/DATA/PDF/2561/E/031/35.PDF

IoT向けの新しい無線技術基準 ~タイ~

NBTCは、IoT向けの新技術基準 NTC TS 1033-2560 を発行しました。 また、RFID装置向けの既存の技術基準 NTC TS 1010-2550 に代わり、新しく NTC TS 1010-2560 を発行しました。 主なポイントは以下の3点です。 IoT向けの新しい技術基準は920-925MHzの周波数帯を利用する 製品は、無線要件(RF standard)、安全要件(Safety standard)、および放射暴露要件(Radiation Exposure standard)に適合しなければならない 無線出力と利用する周波数範囲によって認証のクラスが異なる これらの基準は、2017年11月24日から有効になります。 各技術基準の概略を以下に記載します。 Technical standards of telecommunication equipment NTC. 1010 – 2560 Radio Communication Radio Frequency Identification: RFID Frequency Band Maximum capacity / Type of radio communication RFID Type of certification < 135 kHz 150 mW (e.i.r.p.) The field strength is 55 dBuA / m at 10 meters. SDoC Field strength > 150 mW (e.i.r.p.) to 7.5 W (e.i.r.p.) or > 55 dBuA / m to 72 dBuA / m at 10 m Class A 13.553 – 13.567 MHz < 10 mW (e.i.r.p.) SDoC 10 mW (e.i.r.p.) – 1 Read more about IoT向けの新しい無線技術基準 ~タイ~[…]

NBTC 無線法規の変更 (2017-08-16)

2017年8月16日付けで、NBTC 無線認証に関する法規の変更が行われました。 技術基準の番号とその対象装置の範囲、および該当するクラスは以下のリストの通りです。 Number Scope Covered Equipment Classification NTC TS 005-2548 Radiocommunication equipment in Global Mobile Personal Communications by Satellite (GMPCS) system Class A NTC TS 006-2548 Wireless microphones Class A NTC TS 007-2548 Radio control operating in 72 MHz Class A NTC TS 1001-2553 Radiocommunication Equipment Used in Land Mobile Service in VHF/UHF Bands for Speech Communications B.E. 2553 (2010) Class B NTC TS 1002-2553 Citizen band (CB) Radiocommunication Equipment operating in the 78 MHz or 245 MHz Frequency Band Class B NTC TS 1003-2553 Radiocommunication Equipment used in Aeronautical Mobile Services in the VHF Frequency Band Class B NTC TS 1004-2553 User equipment operating in cellular land mobile Read more about NBTC 無線法規の変更 (2017-08-16)[…]

農業のIoT化 – ベトナム –

いわゆる第4次産業革命で技術革新が進んだことにより、農業も含め全ての産業に大きな影響が出始めています。 例えばベトナムの農家では、今までの市場を失わないために、伝統的な農業からIoTの技術を駆使したスマート農業に変化する事が求められています。 ベトナムの経済産業省の副議長であるHoàng Quang Phòngも、IoTデバイスを農業に適用するハイテク農業の重要性を強調しています。 実際、ベトナムでは2017年3月にIOCV(IoT Open Community of Viet Nam)という組織を結成しました。IOCVは21の情報や技術の会社が含まれていて、IoTを使って農業の生産問題を解決する事を目標にしています。 一例として、Wala company は Delcoスマートファームを運用しており、作物の監視、育種、育成を自動で行っています。昔はこれらのの作業をするのに20~30人作業者が必要だったのに対し、IoT機器を併用する事で5人まで人を減らせたそうです。 別の会社では、現在メロンと鶏を育てるのにIoT技術を用い、製品の質を確認するためにセンサーして安定した品質を担保しています。 現在ベトナムではIT企業に対して国内企業の支援だけに限らず、外資系企業に対しても税制面での優遇措置を取り積極的な技術導入を促しています。 ベトナムが農業大国ということと農業とIoT技術の親和性が高い事から、ベトナムのIoT技術の導入に対する熱意は非常に高く、国としてスマート農業に注力しています。 そこからは、将来的に農業用ITプラットフォームを丸ごと海外に輸出しようという目論見が垣間見えます。今後の動きに注目です。

IoT向けに920MHz帯の無線通信利用を承認 – タイ –

2017年7月に920MHz帯の無線通信を免許不要で利用可能にする方針を固めていたタイですが、8月31日の公聴会プロセスを経て、11月8日のNBTC(国家放送通信委員会)理事会にて正式に承認されることになりました。 従来(2006年)より920~925MHzの帯域はRFID用に割り当てられていましたが、今後は(音声通話を除く)無線通信用に無免許で利用することが出来ます。 なお、通信機器の承認基準はRFID用途とそれ以外にて別な基準となります。また、IoTネットワークオペレーター事業を行う場合は、NBTCから事業者ラインセンスを受ける必要があります。 この決定により、世界的に加速している LoRa, Sigfox をはじめ、Wi-SUN や 独自プロトコルなど、様々なLPWAの導入がタイでも進み、製造業の生産性向上、公共インフラの保守、そしてスマート農業といった分野で活用される事でしょう。 参考記事: https://www.bangkokpost.com/tech/local-news/1352235/nbtc-approval-for-use-of-iot-spectrum-imminent